糖尿病の食事は宅配サービスが便利!【毎日献立が違う】

病気を知る

手

介護をする方におすすめ

脳梗塞後遺症は大変恐ろしい病気です。特に高齢の方は様々な持病がきっかけで、脳梗塞を発症する可能性が高いです。特に糖尿病や心臓病を有している方、コレステロール値が高い方は特に注意が必要です。長い年月をかけて、血管が老朽化し、その機能が低下すると、脳の細い血管が詰まり易くなります。その結果、詰まった血管から先は壊死を起こし、脳機能に障害をもたらす事があります。脳は複雑で太い血管が壊死すると、その先に栄養が届かなくなり、重篤な症状が出現します。特に高次脳機能障害と呼ばれ、体の麻痺とは異なる、失語等の言葉の障害や失行・失認と呼ばれる、脳の認識力の低下が起きる可能性があります。これが原因で日常生活が著しく障害され、長期の療養や介護が必要となる方は少なくありません。体の麻痺等は外見からもはっきりと認識できますが、高次脳機能障害のみが出現した場合は、その行動からでしか、障害が判断できません。その為、本人だけでなく、介護者もその対応に苦労すると言われています。特に周囲から病気と判断してもらえない事が悩みという話はよく耳にすることです。介護者が脳梗塞後遺症の方の介護をする上で意識すべき事は、リハビリの場面に立ち会い、アドバイスを受ける事です。リハビリを提供する専門職は理学・作業・言語聴覚療法士の3つが挙げられ、それぞれに専門性をもっています。体に関する事は理学療法士が主に関わりますが、介護に必要な知識や工夫点は作業・言語聴覚療法士が得意とします。リハビリの専門家であれば、脳梗塞のリハビリに精通していますので、必要な福祉器具や補助具等について相談する事をお勧めします。

Copyright© 2018 糖尿病の食事は宅配サービスが便利!【毎日献立が違う】 All Rights Reserved.