糖尿病の食事は宅配サービスが便利!【毎日献立が違う】

痛みや痺れが辛いです

首

本気で直そう

頸椎椎間板ヘルニアは骨と骨のクッションになっている椎間板の中にある髄核が外に飛び出すか、線維輪全体が膨らんだ状態です。それが神経根を圧迫するため痛みや場合によっては痺れを引き起こします。原因の一つは加齢によるもので機能が低下することで椎間板が飛び出すと考えられています。頸椎椎間板ヘルニアの症状が進むと、痺れだけでなく、めまいやふらつき、眼精疲労、頭痛、尿コントロール障害、失禁などとなって現れてきます。部位によっても治療方法は違ってきます。首や肩などは頚椎牽引や温熱療法、マッサージ、電気療法、針治療、筋力アップなどあります。7つある頚椎ですが4番目以下の神経根が障害を受けると腕や手の痺れ、むくみ、握力低下、背部痛などが起こってきます。痛みを緩和するためにリハビリも行いますが、星状神経ブロックという注射をすることで痛みはある程度抑えられます。頸椎椎間板ヘルニアを直すにはストレッチを自宅でやりながら、マッサージなどとともに鎮痛剤やリハビリを行います。それでも改善の兆しがない場合は経皮的レーザー椎間板減圧術などの日帰り手術もあります。また内視鏡を使った椎間板ヘルニア摘出手術もあります。これにより痛みは緩和して、痺れもある程度抑えることができます。頸椎椎間板ヘルニアの対策方法ですが、日頃から椎間板に過度な負担をかけないことです。つまり姿勢に気をつけ、背筋を伸ばして、顎を引いた状態が理想です。背筋が曲がらないように意識しましょう。また自分に合った枕を選び頚椎に負担をかけないようにしましょう。

Copyright© 2018 糖尿病の食事は宅配サービスが便利!【毎日献立が違う】 All Rights Reserved.