糖尿病の食事は宅配サービスが便利!【毎日献立が違う】

若くても発症する危険

脳

動脈硬化は生活習慣病

年をとると身体のあちらこちらが老化してしまうので、血管も例外なく老化が起こり血液の流れが滞ってしまうこともあります。血管の狭窄や血液の固まりが塞いでしまい、脳に不可欠な酸素が運ばれなくなり組織が壊死してしまう様態を脳梗塞というのです。しかし以前だったら高齢者のみが、発症する例が多かった脳梗塞に30代でも陥るケースをご存知でしょうか。戦後になって一般家庭の多くが、それまでは和食中心だった食事内容に洋食というカテゴリーが出現してきました。肉を食べる機会が多くなり、また喫煙習慣を持つ人が増えてきたのが脳の太い血管がつまっておこるアテローム血栓性脳梗塞です。アテローム血栓性脳梗塞は現代の日本人に、最も多いとされている症例で主な発症理由にあげられるのが、脂っぽい食事内容と不規則な生活習慣になります。それでも近年では脳梗塞に関する知識と技術の向上さらに、効果の高い薬も開発されたので生存率は高まりました。ただし退院後にも何らかの形で、後遺症が残ることが多々あるためほとんどの患者はリハビリを始めることになるのです。脳梗塞から脱した後どれくらいからリハビリを、始めるべきなのかというと医師の許可が下り次第始めることをおすすめします。何故なら脳梗塞を発症してから入院していられる期間は、わずか2か月と決められているからです。もちろん退院してからも通院してリハビリはできますし、病院でもすすめられるでしょう。でも院内でリハビリをすると通院にかける分の時間も節約できる上に、何かあっても院内なので利便性が高いのです。

Copyright© 2018 糖尿病の食事は宅配サービスが便利!【毎日献立が違う】 All Rights Reserved.